なるべく食べない方がいい?バストアップに適さない食べ物

アブラナ科の野菜は女性ホルモンの分泌を抑制する!?

バストアップするためには、女性ホルモンの分泌がとても重要な役割を果たします。私達が毎日食べている中には、女性ホルモンの分泌を良くするものや抑制してしまうものがありますので、毎日の食べ物にも注意を払う必要があります。
バストアップするためにあまり食べない方が良い食べ物は、アブラナ科の野菜であり、女性ホルモンの分泌を抑制してしまう働きをします。アブラナ科の野菜の中でも、最も女性ホルモンの分泌を抑制してしまうのは、ブロッコリーです。ブロッコリーはとても栄養価が高いため、意外ですがバストアップをしている人はあまり食べないようにしましょう。どうしてもブロッコリーを食べたい場合は、火を通して食べたりカレーなどに入れて食べる方法をおすすめします。

image

コーヒーは胸を小さくする

コーヒーを飲むとホッとするといった方も多いでしょう。しかしバストアップを考えている人は、コーヒーを飲むのに注意が必要です。スウェーデンで行われた実験で、一日のコーヒーを飲む量とバストの大きさに関係性がある事が分かっています。
1日1杯程度なら問題はないようですが、3杯以上飲む人と全く飲まない人とではバストに大きな差が出ているようです。つまりコーヒーを毎日飲んでいる人は、3杯以上は飲まないようにした方が良いかもしれません。またコーヒーは体を冷やしてしまいますので、体の血流も悪くなりやすいです。バストアップするためには、全身の血流を良くして、全身に栄養が行き渡るようにする必要があります。コーヒーを飲む際に、豆乳で割るなどをするとバストアップに良いでしょう。