調理方法を工夫することで豊胸効果を高めよう!

良質なタンパク質を摂取することがポイント

バストアップを叶えたいなら、良質なタンパク質を摂取することが大事です。なぜなら、タンパク質は筋肉の素材だからです。形が崩れにくいバストにするためにも、タンパク質の選択は慎重に行いましょう。
最もおすすめしたいのは鶏の胸肉です。その理由は、高タンパク質なのに、脂肪が少なくてカロリーが低いためです。余分や脂肪やカロリーを摂取すると、肥満の原因になりますから注意しましょう。
最適な調理方法として、鶏の胸肉のスープやサラダが挙げられています。野菜をたっぷり加えたスープなら、ビタミン類を摂取することもできますから有効です。また、茹でた鶏肉を細かく切って野菜やオリーブオイルと混ぜれば、よりいっそう効果的です。

image

定期的にイソフラボンを摂取する方法はおすすめ

女性ホルモンはバストアップに欠かせない成分です。女性ホルモンと同じ働きをする成分として、イソフラボンが含まれています。イソフラボンは大豆製品に豊富ですから、豆腐や納豆、豆乳など、あらゆる食材をまんべんなく摂取しましょう。さまざまな食材を使えば飽きることがありませんから、定期的にイソフラボンを摂取することができます。
また、温かい食事なら新陳代謝が活発になりますので、バストアップに好影響をもたらします。湯豆腐にしたり、納豆汁にすれば、保温効果が高まりますので最適です。シチューを作る時は、生クリームや牛乳の代わりに豆乳を使いましょう。ティータイムに豆乳を加えた紅茶やコーヒーを飲む方法もおすすめです。